お知らせ
ひろせホームについて
ギャラリー
ひろせホーム通信
ファミリーホームの輪
ご協力頂いた方からの寄贈
ファミリーホーム制度について
ファミリーホームへの思い
育成セミナー研修
ファミリーホーム制度について
ファミリーホーム制度初期の沿革 

ファミリーホーム設立総会 ←PDFが開きます
チラシ  ←  こちらから
創刊号及び会報ひだまり ←こちらから 

第一回全国FH開催<<<<こちらから
第二回全国FH開催<<<こちらから
掲載記事  <<<こちらから 
調査報告書<<<こちらから
西川氏から<<<こちらから

資料提供及び協力者
      西川公明様(川崎市)(資料提供)
千葉県里親からの沿革  ←PDFが開きます

資料提供及び協力者
   房総双葉学園様(資料提供)
   渡邊篤郎様(資料提供)
   西川公明様(川崎市)(資料提供)
児童相談所有志様からの協力
木ノ内博道様からの協力

厚生労働省

厚生労働省

児童福祉法


http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000002xbvy.html
里親及びファミリーホーム養育指針
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000026rqp-att/2r98520000026rzj.pdf

第13回社会的養護専門委員会
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r985200000202we.html

第3回児童養護施設等の社会的養護の課題に関する検討委員会資料

    http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r9852000001e5xt.html
里親ガイドライン
    http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000018h6g-att/2r98520000018hlp.pdf

報道発表資料 雇用均等・児童家庭局

http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/bukyoku/koyou.html

当面の社会的養護の課題に関する通知等

 

○3月30日付通知及び事務連絡

①「児童養護施設等のケア形態の小規模化の推進について」の一部改正について(雇児発0330第2号)

②「地域小規模児童養護施設の設置運営について」の一部改正について(雇児発0330第3号)

③「里親支援機関事業の実施について」の一部改正について(雇児発0330第4号)

④「小規模居住型児童養育事業の運営について」の一部改正について(雇児発0330第5号)

⑤「児童家庭支援センターの設置について」の一部改正について(雇児発0330第6号)

⑥「児童自立生活援助事業の実施について」の一部改正について(雇児発0330第7号)

⑦「里親制度の運営について」の一部改正について(雇児発0330第8号)

⑧「里親委託ガイドラインについて」(雇児発0330第9号)

⑨「新生児里親委託の実際例について」(指導係事務連絡)

⑩「児童の代替的養護に関する指針(仮訳)の送付について」(家庭福祉課事務連絡)

⑪「社会的養護の推進に関する当面の留意事項について」(措置費係・指導係事務連絡)

 

○4月1日付通知

  「児童福祉法施行令の一部を改正する政令の施行について」(雇児発0401第5号)

 

(参考)後日発出予定

  ①「児童福祉法による児童入所施設措置費等国庫負担金について」改正(事務次官通知)

  ②「「児童福祉法による児童入所施設措置費等国庫負担金について」通知の施行について」改正(雇用均等・児童家庭局長通知)

③「児童入所施設における事務費の保護単価の特例措置基準等について」改正(家庭福祉課長通知)

④「平成23年度地域小規模児童養護施設に係る保護単価について」(雇用均等・児童家庭局長通知)

⑤「平成23年度小規模分園型(サテライト型)母子生活支援施設に係る保護単価について」(雇用均等・児童家庭局長通知)

⑥「児童福祉法による児童入所施設措置費等国庫負担金交付要綱等の改正点及びその運用について」(家庭福祉課長通知)

①詳細は>>こちら
②詳細は>>こちら
③詳細は>>こちら
④詳細は>>こちら
⑤詳細は>>こちら
⑥詳細は>>こちら

第11回 社会保障審議会社会的養護専門委員会 資料
http://www.mhlw.go.jp/stf/shingi/2r98520000018h6g.html


児童福祉法
(昭和二十二年十二月十二日法律第百六十四号)


小規模住居型児童養育事業関係(平成21年4月1日施行)

○ 小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)及び
児童自立生活援助事業(自立援助ホーム)の単価の考え方について


平成22年度における施設入所児童等への特別支援事業について
資料1
資料

平成22年度における施設入所児童等への特別支援事業の対象経費について

千葉県児童家庭課

措置延長通知等について
詳細はこちらから
千葉県小規模住居型児童養育事業実施要綱(231111一部改正)
>>1、詳細はこちらから
>>2,詳細はこちらから

千葉県児童家庭課

小規模住居型児童養育事業

千葉県小規模住居型児童養育事業実施要綱

千葉県小規模住居型児童養育事業実施要綱1

千葉県小規模住居型児童養育事業実施要綱2


平成22年度における施設入所児童等への特別支援事業の対象経費について
標記事業の実施については、日頃より多大な御尽力を賜り厚く御礼申し上げます。
 さて、標記事業の対象経費については、「平成22年度における施設入所児童等への特別支援事業運営指針」(以下「特別支援事業運営指針」という。)
によりお示ししていますが、この対象経費について、子どもの将来のための貯蓄が可能となるよう最終調整しています(別紙参照)。
これについては、平成23年度の子ども手当の5大臣合意(12月20日)における「児童養護施設に入所する子ども等についても、法律に基づき支給する。」
に関し、現在、平成23年度の子ども手当について貯蓄を可能とする方向で検討していることや、
これまでの地方自治体、施設関係者からの強い要望等を踏まえたものです。
 なお、実施に当たっては、安心こども基金管理運営要領及び特別支援事業運営指
針を一部改正するほか貯蓄に関する取扱い等を新たに定める事としており、来年
早々に通知したいと考えています。
つきましては、特別支援事業の事務手続の変更など所要の対応についてご理解い
ただきますとともに、施設関係者等に特別支援事業の貯蓄が可能となることについ
てあらかじめ周知されるようお願いいたします。

「照会先」
厚生労働省雇用均等・児童家庭局総務課
電話 03-5253-1111(代表)
課長補佐 度会 哲賢 (内線7819)
調整係長 村本 利成 (内線7830)

>>画像をクリックで大きいサイズをご覧頂けます。

市町村

市町村の中でも「ファミリーホームや自立援助ホーム」制度的な対応がまだ出来ていないところもある。

昔々になるが、ごく普通の生活の中でどこにでも見られる子育てと地域が一体となっていた時代。
子育がしやすい世相であった気がする。
地域として今の世相に沿った、子育て可能な時代が求められている。
▲上に戻る

過去情報

▲上に戻る