ファミリーホームの可能性

より多くのこどもたちを家庭的な環境で養育できるように、新たな社会的養護の展開を願う里親が集まり、2005年8月「里親ファミリーホーム全国連絡会」誕生。2009年4月にはファミリーホームの制度化が実現しました。(第2種社会福祉事業)

ひろせホームが大切にしている【愛着性を育む】ってどういうこと? 

母親とのふれあいのなかで生まれる情緒的一体感のことを愛着といいます。つまり、親と一緒にいて安心できたり、ゆったりと人とのやりとりを楽しめたり、親を求める気持ちや行動もそれです。乳幼児期の愛着経験はとても重要で、成長していく上での安心安全にもつながり、安定した世界観の確立などにもつながります。逆に愛着形成がなされないと、発達障害などの発生につながったり、さまざまな問題が起こるといわれています。そのためひろせホームでは愛着性に重点を置き、こどもたちにとってより家庭的な環境、家族を感じられる環境を与えること、児童の相互作用を活かし、基本的な生活習慣の確立と、豊かな人間性及び社会性を養うこと、児童の自立を支援することをコンセプトとしています。

施設養護とファミリーホームでの暮らしはこどもにとってどれほど違うの? 

  施設などでも小規模型にするなど進んではいますが、やはり、1日8時間交代での勤務などではこどもとの密な関係や、家庭的な環境といった面でどうしても補えない部分があります。施設職員と愛着形成ができ、愛着関係が良好であるこどもでも、家庭で過ごしたこどもとの間には大きな違いが見えるといいます。ファミリーホームでは、生活を共にする養育者がいることで、家庭的な環境に近づけると考えています。

ファミリーホームの補助員ってどういう人たち? 

  親族、家族のみで運営している場合もありますし、外部から補助員を採用している場合もあります。運営する上で密室・閉鎖的になってしまうと、透明性がなくなることも考えられるため、問題の発覚が遅れたり、悪化してしまう可能性も考えられます。(虐待など…)また第3者や外部とのつながりが強くなければ、援助を求めたりすることができなかったり"気づき"も減少してしまうかもしれません。また、第3者がいることで、透明性が増し、養育者と要保護児童との関係が良好に保てることも期待できるのです。つまり、第3者の目は、新たな問題を捉えたり、悪化することに対しての抑止力となりえます。ひろせホームでは現在、子育て中の母親3人が補助員として働いています。実子も連れてきています

実子を連れてきて仕事できるの ? 

  こどもを持ちながら、働くということはとても大変なことです。それでも、こどもを預けながら、働くお母さんは大勢いますが、そのためには預け先や職場の理解が必要でしょう。また、乳幼児の時期にはなるべくこどもと多くの時間を過ごしたいと考える人もいる中で、さまざまな理由でこどもを預け働いたり、働くことをあきらめている方も多いのではないでしょうか。ひろせホームの補助員は子育て中の母親です。実子を連れて、仕事をしています。これは母親にとって就労支援であり、子育て支援となっています。こどもとばかり向き合っていては行き詰ることも多々ありますが、社会とのつながりを持てることで家庭という枠だけにとらわれすぎることもありません。しかし、こどもを連れて、こどもをみながら仕事をするということは、やはり大変です。思ったように仕事もできませんし、こどもも環境に慣らさなければなりません。家にいる以上にこどもに神経をつかいますし、こどものペースを見ながら、合間に仕事を進めなければなりません。それでも、「こどもと一緒にいることが大切、みんなでプライバシーを共有できることも大きな仕事のひとつ」といってくれる廣瀬さんの理解があるから、実子を連れての仕事ができるのです。

要保護児童は実子を連れてきていることに抵抗はないの? 

  さまざまな理由を抱えた要保護児童にとって、実子を連れた補助員が入ることで、それが大きなストレスとなる事も考えられます。実際の親子関係を目の当たりにすることで、いらだちや、うらやましい、嫉妬のような感情が噴出してしまうこともあります。それは夜泣きなどの行動に現れたり、「補助員なんていれなければいい」「自分の子どもだけいろいろやっている」など不満となってもいます。それでも、要保護児童に家族をみて、経験してもらうことは、言葉では教えることができない、しかし要保護児童が社会に出て、家族を持った時にも必要な経験となってくると考えています。さらには、ひろせホームの方針として、【自分のことは自分でやる。できないことは、子供同士で手伝う。】とこどもたちに教えている。自分と、自分のこどもを守るには、まず自分でできることをやらなければならない。そして、補助員からも自分と自分のこどもを守るということを学んでほしいと願っている

実子を連れてくることのメリットって? 

  子育て中の母親を補助員として採用することで、妊娠、出産、子育てを要保護児童と共有することで、子育ての大変さや可愛さを知る機会ができると考えています。そして「家庭・家族のプライバシーをすべてみることで、こどもたちは家族というものを学んでいく」というひろせホームの想いにもあるように、あたりまえの生活、あたりまえの家庭という場を教えるのではなく、感じられる場があるというのは貴重なことでしょう。さらには、自分と、自分のこどもを守るには、まず自分でできることをやらなければならないということ、そして、補助員からも自分と自分のこどもを守るということを直に感じて学んでほしいと願っています。

ひろせホームでの取り組みやこどもを育てるうえでの方針 

  ひろせホームでは、保護者のない又は家庭養育が困難である児童に対し、それに替わる家庭的な環境の中で、児童の相互作用を活かしつつ、基本的な生活習慣を確立させ、豊かな人間性及び社会性を養い、乳幼児の愛着性を育み、児童の自立を支援することをコンセプトとしています。またこどもたちの自立をとても大切に考えていて、【自分のことは自分でやる。できないことは、子供同士で手伝う。】というのもホームの方針です。ほかに取り組みとしては以下の通りです。 ①親子の関係を普通に体験できる場を。 ②補助員家族が要保護児と共にプライバシーも共有できる空間の場を。 ③子どもから見た大人の其々を自分の目から見た学習を。 ④子ども独自で判断のできる場を。 ⑤虐待関係にあった親子でも支援体制によっては元の親子関係になる場を。 以上の点から、補助員家族との また、ファミリーホームは子育て支援の場としての役割や、老親福祉との連携など、今後児童の自立を高めるうえでも、さらなる可能性が見出せる場であると考えており、そのためにモデルケースとなるよう行動に移していくことにも力を注いでいる。

GALLERY

NEWS

LINK

  • 日本ファミリーホーム協議会は、小規模住居型児童養育事業を行っている全国の里親ファミリーホームと、それを支える人たちが集う会です。

  • 千葉県ファミリーホームの紹介

  • 公益財団法人全国里親会

  • 全国社会福祉協議会

  • 千葉県社会福祉協議会

  • 里親ファミーホーム賠償責任保険の問い合わせ。

CONTACT

  • 千葉県小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)
     ひろせホーム

    〒299-0000
    千葉県君津市人見2-12-4

    TEL 0439-54-5688